建設機械レンタル

所有からレンタルへ

建設機械レンタル

 最近は、効率や環境を考え、「レンタカー」「人材派遣」「クラウドサービス」等のように、「自分で持つ」よりも「必要な時に必要な分だけ借りる」という時代の流れになっています。建設機械も、自社で保有するよりもレンタルの機械の方が比率が高くなっており、現在では、建設現場で動いている建機の約6割がレンタル建機と言われています。

 その中でも、建機レンタルでは、次のページのようなメリットとデメリットが挙げられます。両方を加味しても、レンタルのメリットが大きい為、保有している重機を売却して、レンタルに切り替える会社も増えてきています。

>>レンタルのメリット・デメリット